10歳のニシキヘビが飼い主からダバオ市環境天然資源局に引き渡されました

ダバオのニュースダバオ

2月16日(火)の声明で、ダバオ市環境天然資源局(DENR)は、”ベティナ “という名のニシキヘビが “今月初めにダバオ市のカタルーニャン・ペケニョから所有者と疑われる者によってダバオ市環境天然資源局に引き渡された “と発表した。

“所有者は、約60~70キログラム、長さ3.5メートルに相当する重量を持ち、成長し続けているこのヘビを引き渡した “という。

ダバオ市環境天然資源局ダバオは、ニシキヘビの所有者がニシキヘビの管理を維持することができなくなったことを認めたと付け加えた。

“OIC-CENR巡査のMarvin D. Parillaが率いるダバオ市環境天然資源局職員の支援により、ベティナはダバオの自然保護区であり、DENR-XIの保護パートナーの1つであるダバオ・クロコダイル・パークに連れてこられ、保管と管理のためにすぐに連れてこられた “とダバオ市環境天然資源局は述べている。

国際自然保護連合(IUCN)によると、世界最長のヘビとして知られるニシキヘビはフィリピンに生息している。

2011年9月02日付けのIUCNの評価に基づき、2018年に発表されたもので、”激しい搾取を受けている一部の地域でも、その分布の広さ、適応性、豊富さを考慮して、世界的に「軽度懸念(Least Concern)」にリストアップされています。”

10-year-old reticulated python turned over to DENR-CENRO Davao by owner
DAVAO CITY - A reticulated python (Malayopython reticulatus) kept by its owner for 10 years was turned over to the City Environment and Natural Resources Office...

コメント

タイトルとURLをコピーしました