セブ市、当面の映画館再開を懸念

セブのニュースセブ

フィリピン、セブ市は、省庁間タスクフォース(IATF)がすでに修正された一般地域検疫(MGCQ)の下にある地域について許可している場合でも、映画館の再開については懸念している。

フィリップ・ザラ府議員は、市の映画館はすでに限られた容量で公衆に映画を安全に上映する方法についていくつかの計画を提案していると述べた。

しかし、同議員は、コロナウイルス病2019(COVID-19)の症例が増加していることから、これらのリスクが発生する可能性があるため、市政府は映画館の再オープンを躊躇していると述べた。

緊急オペレーションセンター(EOC)は、先週、映画館の目視検査を行い、映画館内外の人の往来のための提案された動きについて説明を受けました。

映画館が将来的に再開することを許可されるべきであり、ザラフ氏は彼らがショーごとの限られた顧客にサービスを提供することができ、空気ろ過システムを持っており、すべてのショーの後に徹底した消毒を行うことができると述べた。

Cebu City apprehensive about reopening cinemas for now
CEBU CITY, Philippines -- Cebu City is apprehensive about reopening the cinemas even if the Interagency Task Force (IATF) has already allowed so for areas under...

コメント

タイトルとURLをコピーしました