DITOが初のパフォーマンス監査をクリア

フィリピンのニュース総合

フィリピン、マニラ – 中国が主導するDito Telecommunityは、通信事業者が新しい通信事業者としてのスピードとリーチの公約を満たしているかどうかを評価する最初の技術監査に合格しました。

Ditoのパフォーマンスを評価する独立監査人であるR.G. Manabat and Co.による評価に基づき、新会社の到達率は2015年の人口10098万人の37.48%に達したと見られています。これは最低37%の要件を破った。

コロナウイルスがデニス・ユイのディトの発売を遅らせる
遅れを取り戻すために、Ditoは年内にネットワークを拡大することを目指しています。
提供された最低ブロードバンド速度は、4G ネットワークでは 85.9 Mbps、5G では 507.5 Mbps と、評価の最初のラウンドで必要とされた 27 Mbps を大幅に上回っていることが判明しました。規制当局は月曜日に調査結果を発表した。

https://www.philstar.com/business/2021/02/22/2079615/dennis-uys-dito-clears-first-performance-audit

コメント

タイトルとURLをコピーしました