2020年のGlobe純利益は16%減の186億ペソ

フィリピンのニュース総合

マニラ-グローブテレコムは、パンデミックの中で収益と減価償却費が減少したため、昨年の純利益が2019年の223億ペソに対して16%減少して186億ペソになりました。

アヤラ主導の電話会社によると、サービスの総収入は、1年前の1,490億ペソから2%減少して1,464億ペソとなった。

第4四半期の純利益も、前年同期から10%減少して39億ペソになりました。

しかし、電話会社は、2019年の1,100から、2020年には1,300近くの新しいセルサイトまたはセルタワーを建設することができたと述べました。

また、11,529サイトを4GまたはLTEにアップグレードし、2019年の10,135サイトを上回りました。

Globeは、5Gを全国の合計1,045のサイトに展開したと語った。

今年、Globeは、積極的なセルサイトの構築、すべてのサイトの4GまたはLTEへのアップグレード、およびフィリピンの住宅の「ファイバー化」の迅速な追跡に資金を提供するために700億ペソの設備投資(設備投資)を割り当てました。

Globe net income down 16 pct to P18.6 billion in 2020
MANILA (UPDATED)- Globe Telecom saw a 16 percent drop in net income last year to P18.6 billion versus P22.3 billion in 2019 due to lower revenues and depreciati...

コメント

タイトルとURLをコピーしました