IATFがバギオ市の観光客を許可

フィリピンのニュース総合

新興感染症(IATF-EID) の管理のための相互緊急タスクフォースはバギオ市が一般的なコミュニティ検疫(GCQ) の下で間、余暇の旅行者を収容することを許可した。

IATF-EIDのスポークスマンハリーRoque Jr.は、最近の会議でタスクフォースは、厳格な健康プロトコルと接触のトレース措置に従うことになる観光客を収容するために、そのホテルや他の宿泊施設のためのバギオ市政府の要求を付与したと述べました。

IATF allows tourists in Baguio City – The Manila Times
THE Inter-Agency Task Force for the Management of Emerging Infectious Diseases (IATF-EID) has allowed Baguio City to accommodate leisure travelers while under G...

コメント

タイトルとURLをコピーしました