入国管理局の2020年の収入はパンデミックにより、36.1%の減少

フィリピンのニュース総合

フィリピン・マニラ – COVID-19の大流行により、入国管理局の徴収額は2020年に約59億ペソに削減され、2019年の記録から36.1%の減少を記録した。

月曜日の声明の中で、入国管理局からの総収入が58.8億ペソであり、これは入国管理局が2019年に記録したものより30億ペソ以上少ないと同局は述べた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました