より多くのフィリピン家庭がより速い接続のためにブロードバンドファイバーにシフト

フィリピンのニュース総合

HootSuite と We Are Social が発表した「Digital 2020」のレポートによると、フィリピンのインターネット利用者の 97%をモバイルプラットフォームが占めていることが主な原因で、フィリピンのホームブロードバンド普及率は常に低い状態にあります。

しかし、家庭内での仕事、学習、娯楽をサポートするために、より高速な接続性への需要が高まる中、パンデミックをきっかけに、フィリピン人はインターネットの要件をモバイルから家庭用ブロードバンドへと移行する必要性に迫られています。

しかし、銅線ケーブルに大きく依存している現在のブロードバンド・インフラでは、多くの家庭が求めている接続品質を提供するには不十分であり、Globeは光ファイバ・ネットワークへのアップグレードに注目しています。Fiber to the Home (FTTH) の加入者数が増加していることからも、この技術に対する市場の大きな需要があることがわかります…

コメント

タイトルとURLをコピーしました