2022年までに回復を開始すると見られるフィリピン不動産セクター

フィリピンのニュース総合

マニラ-フィリピンの不動産セクターは2022年にのみ回復の兆しを見せ、COVID-19のパンデミックの中で、今年も過去最高の空室率が見込まれています。

これは、不動産会社のコリアーズインターナショナルフィリピンによると、地元の住宅用不動産セグメントは、2020年第4四半期の15.6%から16.9%と、2021年に過去最高の空室率に苦しんでいます。

パンデミックによる景気減速は別として、コリアーズは、特にマニラ湾とフォートボニファシオのビジネス地区で近年市場に参入した新しい不動産ユニットが高い空室率を示したと考えています。

そのため、二次住宅市場の平均賃料は今年停滞しているように見え、2020年の7.8%の低迷に続いて0.5%しか上昇していません。

オフィスの賃貸環境も、2021年には12.5%と高い空室率を示しており、2003年以来最悪、またはアジア金融危機の余波となっています。
    
しかし、コリアーズインターナショナルのアソシエイトディレクターであるジョーイボンドック氏は、地元市場にはまだ明るいスポットがあると語った。
    
「住宅市場(ジャンプカット)にはまだ楽観的な見方があります。現在の市場で見られる経済の不確実性にもかかわらず、産業およびロジスティクスセクターは比較的安定している不動産セグメントの1つです」とボンドック氏は説明しました。

その好例として、コリアーズは、2020年下半期のマイナス8ヘクタールから今年は工業所有権セグメントの需要を80ヘクタールに押し上げるために、製造およびロジスティクスセクターからの投資が急増していると見ています。

PH property sector seen to start recovery by 2022: Colliers International
MANILA - The Philippine property sector will show signs of recovery only in 2022, with record high vacancy rates still expected this year amid the COVID-19 pand...

コメント

タイトルとURLをコピーしました