教師が政府に対面授業の安全な再開を迫る

フィリピンのニュース総合

2月8日(月)、教師連盟(ACT)は、ドゥテルテ政府だけでなく、教育省(DepEd)に対して、安全で自主的な対面授業をどのように低リスク地域で実施するかについて、”明確な計画をロールアウト “し、”2022年までに国のかなりの部分で効果がある “と呼びかけました。

これを確実にするために、ACTは、教室の建設や改造、最低限の健康基準に沿って必要な施設を設置するために、今年度の基本的な教育施設の資金の中で削減された130億ペソの回復を求めている。

バジリオ氏は、学校の看護師を雇い、学校の安全のために必要な備品を購入するために、さらに20億ペソが必要であると付け加えました。

Teachers press gov’t on the safe resumption of face-to-face classes
Believing that several issues under distance learning set-up will be addressed through in-person learning, a federation of teachers is urging the government to ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました