第7回フィリピンフットウェアデザインコンテスト、ラーメンの靴も受賞

フィリピンのニュース総合

フィリピンのクラフトマンシップは、想像力と革新性を育み、教育を通じた成長を促すステージで輝きを放っています。第7回フィリピンフットウェアデザインコンペティション(FFDC)の優勝者とファイナリストは、ピノイのデザイナーとメーカーの能力を証明しています。

昨年、パンデミックの影響で延期されていたこのイベントは、1月30日に貿易産業省(DTI)とフィリピンフットウェア財団(PFFI)により、最終選考に残った7つの製品とプロトタイプが紹介され、受賞者3名がバーチャル表彰された。(PFFI)は1月30日、最終選考に残った7名のファイナリストとそのプロトタイプを紹介し、バーチャルな授賞式で3名の受賞者を決定しました。

Joel Wijangco’s ‘Sister’s Favorite’ features a food-themed design created using actual bowls and chopsticks. 

授賞式に先立ち、ファイナリストたちはZoomを介してZapateriaが主催する一連のワークショップに参加しました。フットウェアのデザインと開発のハブであるZoomは、業界の専門家を招き、フットウェアの作り方101、スケッチ、デザイン(インスピレーションとブランド開発)、原価計算とプロジェクション101などのトピックについて話し合ってもらいました。

7人の新進デザイナーが基本的な知識を身につけるために、Rico Sta. Ana、Sheila de Jesus、Mara Pinon、Gerome Sta. Maria、Nicco Pintac、Maco Custodio、Thian Rodriguezの各メンターが参加しました。

マリキナを拠点とする靴メーカーのFashion Purveyor(Roweliza Shoes and Bags)、Black Wing Shoes、Zapateria、Javier Footwear、Tawong Lipod Creative Studio、そしてインディペンデントメーカーのDante Pascualが、ファイナリストたちのユニークなデザインに命を吹き込むことに挑戦しました。

Volcano, jeepney, and bowl of noodles on your feet
The extent, but certainly not the limit, of Filipino craftsmanship shines on stages that foster imagination and innovation and nurture through education. The wi...

コメント

タイトルとURLをコピーしました