ジョリビーが吉野家と提携し、日本チェーンのローカルフットプリントを拡大

フィリピンのニュース総合

フィリピン・マニラ – Jollibee Foods Corp.は、日本食チェーンの吉野家を地元の店舗リストに追加している。

火曜日の早い段階で証券取引所に開示された情報の中で、国産ファーストフードブランドは、家庭で吉野家を運営する吉野家インターナショナルフィリピンとの「50/50のジョイントベンチャー」を発表した。

この提携の目標は、「長期的には」現在の3店舗から50店舗の新規出店を目指すとしている。

合弁会社は独自の経営を行い、資本金は1億3,000万P、利益はJollibeeと吉野家が均等に分配する予定です。この取引を進めるには規制当局の承認が必要である。

近年、ジョリビーは海外の食品会社やその国内フランチャイズを買収することで積極的に事業を拡大してきた。しかし、過去3年間、米国で損失を出したスマッシュバーガーや、コーヒービーンやティーリーフが同社の成長ポートフォリオに加わったことで、同社の戦略はほとんど実を結んでいない。

Jollibee partners with Yoshinoya to grow Japanese chain's local footprint
The partnership’s goal is to open 50 new local stores “in the long term,” up from only three currently.

コメント

タイトルとURLをコピーしました