フィリピン経済は「低ベース効果」により、第2四半期には最大13%の成長を見込む

フィリピンのニュース総合

マニラ-フィリピン経済は今年の第2四半期に13%も成長する可能性があると、ING銀行は月曜日、主に昨年の同時期からの「低ベース効果」が原因であると述べた。

ING銀行マニラ支店のエコノミスト、ニコラス・マパ氏は、同国の国内総生産が16.9%縮小した2020年の同時期には、第二次世界大戦末期以来最悪の低ベースから経済が来ていると指摘した。

その後の四半期では、マパ氏は成長が政府の目標範囲に到達するとは見ていないと述べた。

ING銀行は通年で平均5.1%の成長を見込んでいます。これは、パンデミック前の平均6%の成長率や、2021年の政府の6.5~7.5%の目標範囲よりも低い。

PH economy seen growing up to 13 percent in Q2 due to 'low base effect'
Nicholas Mapa, ING Bank Manila economist, said the economy was coming from a low base in 2020 when gross domestic product contracted 16.9 percent, which was the...

コメント

タイトルとURLをコピーしました