フィリピン、COVID-19ワクチンメーカーと補償契約を締結

フィリピンのニュース総合

フィリピン、マニラ – フィリピンは、世界保健機関(WHO)が主導するCOVAX施設の下で、製薬会社のファイザーおよびアストラゼネカとの間で、ワクチン担当のカルリート・ガルベス氏が水曜日に明らかにした補償契約に署名した。

一旦署名されると、補償契約は、予期しない有害事象が発生した場合に「企業や会社を無害に保持する」。

水曜日に開催された半田ラングでのブリーフィングで、COVID-19対策国家タスクフォースの最高責任者を務めるガルベス氏は、メーカーはデングバクシアワクチンに関する国の過去の経験に懸念を抱いていると述べた。

Philippines signs indemnity agreement with COVID-19 vaccine manufacturers
"All of the manufacturers, they are requiring an indemnity agreement in all the contracts we're signing. That's included, non-disclosure and indemnity," the cou...

コメント

タイトルとURLをコピーしました