回復の遅れでフィリピンのGDP成長率は7.1%に低下

フィリピンのニュース総合

フィリピン、マニラ – 東南アジアでの散発的なCOVID-19の発生は、回復を遅らせることを脅かしており、S&Pグローバル・レーティングスによると、フィリピンの予測される国内総生産(GDP)の成長率は、今年の9.6%から7.1%に減少する可能性があるとのことです。

報告書の中で、債務ウォッチャーは、フィリピン、インドネシア、マレーシア、タイに代表される地域の主要な新興市場は、最近ピークを迎えたようにしか見えない新たなCOVID-19の波の影響を受けて生きていると述べた。

それは、最近の発生は、新興東南アジアが8月までにそのパンデミック前のレベルに戻るかもしれないというベースラインの見積もりの代わりに、回復へのパスを延長する可能性があると述べた。

Delayed recovery to slash Philippine GDP growth to 7.1%
Sporadic COVID-19 outbreaks in Southeast Asia are threatening to delay recoveries and could slash the projected gross domestic product growth of the Philippines...

コメント

タイトルとURLをコピーしました