GlobeはDITOの動きを様子見

フィリピンのニュース総合

マニラ発-グローブテレコムは、3月にサービスを開始する予定の3番目の通信事業者DITO Telecommunityの参入による事業への大きな影響はないと見ている、とアヤラ主導の電話会社の責任者は水曜日に語った。

「モバイル側では、競争は現状のままである。DITOからの効果はまだ確実には見られない。しかし、3月に何が起こるか見てみよう」とグローブ社長兼CEOのアーネスト・クー氏はオンライン記者会見で述べた。

クー氏は、DITOには約1,800のセルサイトがあり、GlobeとPLDTにはそれぞれ約11,000のセルサイトがあると述べました。 

「それがどのように機能するかを見極める必要がある」と彼は付け加えた。 

クー氏はまた、「価格はすでに非常に低い」ため、音声、テキスト、データの提供価格は変わらないと述べた。 

しかし、彼はまた、グローブはDITOが市場にもたらす可能性のあるあらゆる「攻撃」に対応する準備ができているとも述べました。 

「彼らがどのようにゲームをプレイするかを見極める必要がある」とクー氏は語った。 

一方、グローブは、2,000の新しいセルサイトを構築し、2.5倍のファイバーラインを追加し、国内の主要都市で5Gを展開することにより、今年も拡張計画を継続すると述べました。

Converge ICTの「非常に重要なビルド」と、DITOがこの分野に参入する方法を引用して、競争もモバイルから固定ブロードバンドに移行します。

'We have to see how they play the game': Globe plays down impact of DITO
Globe is unfazed by the incoming telco player DITO Telecommunity which is set to launch in March -- seeing no significant impact and no change in prices.

コメント

タイトルとURLをコピーしました